【ルール】CATCH THE BOMBER /キャッチザボマー【FAQ】

【ルール】CATCH THE BOMBER /キャッチザボマー【FAQ】

このページはCATCH THE BOMBER (キャッチザボマー)のよくある質問に対して一問一答形式でまとめています。

その他、ご不明点がある場合は製作者Twitter<こちら>までお問い合わせください。

 


準備 について

・エリアカードの並べ方は自由ですか?

「橋」が中心であれば、他のカードの位置は問いません。それぞれが独立したエリアであることさえプレイヤー全員が認識できればOKです。「橋」に対して特定のエリアカードが「左/右にある」ことは、ゲームに対して何ら影響を持ちません。

・役職カードとはどれのことを指しますか?

説明書裏面に記載の通り、役職カードは黒枠で囲われている6枚のカードを指します。(爆弾魔、警察2枚、令嬢、聖戦士、不審人物)

ながれ について

・「混乱判定」がよくわかりません。

全員の手札が尽きたとき、「混乱判定」に移行します。「混乱判定」は、勝利条件のひとつである「混乱」が達成/阻止されているかを確認するためのステップです。「ウラ」のカードや、「市民」以外のカードはこのステップ中何ら効果を持ちません。
エリアごとに「1枚以上のオモテの市民」が存在するかを確認し、条件を満たした(=1枚以上オモテの市民が存在している)エリアの数をカウントします。「4以下」の場合は「達成」、「5以上」の場合は「阻止」となります。
達成/阻止を確認し終えたら、結果にかかわらず、次のステップである「めくりタイム」に移行します。

・混乱判定時、「橋」はエリアに含みますか?

はい、含みます。したがって、市民が一枚以上存在する場合、1エリアとしてカウントします。

・「めくりタイム」がよくわかりません。

「めくりタイム」は「ウラ」のカードを好きなところからめくり、真相を確認するステップです。「好きなところから」というのは、安全そうな(勝敗に最も関与しなそうな)ところからめくることで、各プレイヤーが一喜一憂し、さらにゲームが盛り上がるための要素であるため、めくる人物や順番に特に決まりはありません。
「めくりタイム」では、すべてのカードの効果は適用されません。すべてのカードの効果は「ゲーム終了」にて解決されます。例えば「オモテ」になった「爆弾」が爆発することが確定したとしても、「先にそこが爆発した」「逃亡が阻止されてから殺害が起きた」といった「めくった順番」は一切勝敗に対して影響を持ちません。「めくりタイム」では、状況にかかわらず、すべての「ウラ」のカードを「オモテ」にします。
すべてのカードが「オモテ」になったら、【ゲーム終了】に移行します。

勝利条件 について

・爆弾魔の勝利条件の一つである「生存」とは何ですか?

「生存」は、ゲーム終了時に爆弾魔が爆発の発生していないエリアに存在している状態を指します。

・爆発の発生していないエリアで、「逃亡」を阻止された場合「生存」しますか?

「逃亡」を阻止された場合においても、爆発により死亡していない場合は「生存」します。

・「生存」は「目的」に含まれますか?

含まれません。したがって、警察陣営の勝利条件は爆弾魔の生死を問いません。

・爆弾魔が「死亡」した場合、どの目的が達成/阻止されますか?

爆弾魔の生死は、「混乱」及び「殺害」に対して何ら影響を持ちません。したがって
混乱:達成 OR 阻止
逃亡:阻止
殺害:達成 OR 阻止 となります。

・聖戦士は、第3陣営ですか

いいえ。基本的に警察陣営であり、警察陣営の勝利条件を満たすと勝利します。しかし、聖戦士と同じエリア内で爆弾魔が死亡した場合、他の状況にかかわらず単独で勝利となります。

・聖戦士は、自らの爆発で死亡しますか?

はい。したがって、殺害の要件を満たします。警察陣営は、聖戦士の爆発を阻止する必要があります。

プレイ について

・手札にプレイできるカードがありません。

「移動」が可能な場合、「移動」を行なってください。「プレイ」及び「移動」ができない場合のみ、任意のカード1枚を避難場所にオモテで置き、手番を終了してください。ゲームは通常通り続行します。

・↑の状況に際し、役職カードしか避難場所に置くことができません。

役職カードを避難場所にオモテで置き、手番を終了してください。ゲームは通常通り続行します。役職カードを置いてしまったプレイヤーは、ゲーム終了時にいかなる場合においても「敗北」となります。(聖戦士を避難場所に置いた場合、そのプレイヤーは敗北となるが、勝利条件を満たしている他の警察陣営プレイヤーは勝利することができます。なお、避難場所に置かれたカードは一切効果を発動しません。)
爆弾魔が避難場所に置かれた場合、「逃亡」は「阻止」となります。

・説明書の【B】移動 における移動後(矢印右)の配置において、その後「病院」にカードを「プレイ」する場合、4枚目として「プレイ」することになりますか?

はい。したがって、「ウラ」でのみプレイすることができます。

・警察犬を「ウラ」で置いてしまいました。

気づいた時点で警察犬を「ウラ」で置いてしまったことを宣言し、その「ウラ」の警察犬を公開してください。その後、警察犬を「ウラ」に戻し、ゲームを続行してください。その警察犬はこのゲーム中、一切の効果を持たないものとします。

▷移動 について

・市民が手札にありません。「移動」できますか?

できません。「プレイ」のみ行うことができます。

・1手番中に「教会」から「病院」にカードを移動できますか?

できません。手番中に行える「プレイ」及び「移動」はいずれか1回のみです。したがって、1手番使い「教会」から「橋」へ「移動」したのち、1手番使い「橋」から「病院」に「移動」する必要があります。

▷カードの説明 について

・爆弾魔の「▲残り一枚の場合、必ずウラでプレイ」とはどういう意味ですか?

爆弾魔は基本的にいつでも「オモテ」「ウラ」どちらでもプレイすることが可能です。しかし、残りの手札が爆弾魔「のみ」の場合は、「ウラ」でしかプレイすることができません。(プレイできない場合は↑【プレイについて】参照)
最後まで持ち続けること自体がリスクとなります。

・警察のカード以外は「逃亡」を阻止できますか?

できません。「逃亡」阻止のためには、いずれかの警察が爆弾魔と同じエリアに存在する必要があります。

(2021/4/20記載)


いつも『キャッチザボマー』を遊んでいただき誠にありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。