【☆7】それだっ!【簡単×心理戦】

【☆7】それだっ!【簡単×心理戦】

ガイスターの次はこれを遊んでほしい!2人用の心理戦ゲームです。 

 

今回は、簡単に心理戦を味わえるゲームのご紹介です。
表紙の絵が何を表しているのかまったくわからない、、。
個人的には、ガイスターと並んでもいいと思ってます◎


基本情報

 

作家:Alex Randolph
発売元(日本):Kleeblatt株式会社
プレイ人数:2人
プレイ時間:10~20分

手軽さ:★★★★★★★★★☆
戦略性:★★★★★★☆☆☆☆
運要素:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
心理戦:★★★★★★★★★☆ (New!)

 


ルール概要!

 

シンプルなボードとカラフルなコマたちであそびます!

 

<レインボーなコマたち!ボードがせまく感じますね!>

 

プレイヤーには円形のカードが7枚配られます。

 

<裏面に描かれているのも7色!>

 

ボードを用意し、7色のコマを適当に配置して、ゲーム開始です◉

先ほど配られたカードは、このコマたちと対応しています!

 

<1枚1色1コマ!すべてのコンポーネントが7個ずつです◎>

 

その後、銀貨を一枚、どのコマからも1マス以上離れているところに適当に配置します。

銀貨を置き終わったら、各自7枚のカードから一枚選び、裏向きで伏せておきます!

 

 <選ぶところから勝負ははじまっているのですが、、!>

 

これで準備完了です◎

 

*****************************************************

このゲームは、先ほど置いた銀貨を取得することが目的です!

銀貨を取得するためには3つの方法があります↓

選んだ色のコマが銀貨までたどり着く

②相手が、自分の選んだ色のコマを銀貨までたどり着かせる

③相手の選んだ色を当てる

  

では、流れに沿ってそれぞれ確認していきます〜!

 

********************************************************


手番プレイヤーは「好きなコマを好きな方向に1マス進める」ことができます。
この時、銀貨から遠ざかるようには移動できません。
また、隣り合うコマは飛びこすことができます。

 

 <黄色を選んだから、とりあえず近づけようかな、、!>

 

①選んだ色のコマが銀貨までたどり着くためには、相手の選んだ色のコマより早く到着する必要があります!

いずれかのコマが辿り着いたら、伏せていたカードをオープン!

 

<動かして、よし!僕は黄色!ってあれ??>

 

自分だけが選んでいる色の場合は、そのまま銀貨獲得!なのですが、

相手と同じ色を選択していた場合、自分の手番で銀貨までたどり着かせてしまうと、相手が銀貨を取得していまいます!!

⇨②相手が、自分の選んだ色のコマを銀貨までたどり着かせるの正体です、、!

 

<コマの位置は変えずに、銀貨をまた配置して再スタートです!>

 

手番では、コマを動かすほかに、もうひとつできることがあります。

「相手が選んだ色を宣言する」ことができます!

 

<う〜ん ピンク一歩でゴールなのに遠い赤動かしてくるな〜>

 

相手の色を宣言する時は、その色のコマを指差し「それだっ!」と言い放ちます!

当たれば銀貨を獲得します! ⇨ これぞ ③相手の選んだ色を当てる です!

外した場合は、相手が銀貨を獲得します、、!

リスキーですが、リターンは大きいです◎

 

 

<「それだっ!」→見事赤なので銀貨獲得!>

 

銀貨を4つ先取したプレイヤーの勝利です!


いいだ評価・・・☆7!  (☆10段階)

いや〜好きです。
ルールを読むだけではわかりづらいですが、積極的に「それだっ!」と宣言し、劣勢でも「勝ちに行く」ゲームだと思います!「髑髏と薔薇」みたいな匂いを感じます!

ボードがかなり狭く感じるのですが、そのおかげで強制的に「それだっ!しなければ負ける、、!」というような状況が生まれるので、ちょうどいいですね◎

 

ボードゲームカフェで働くまでこのゲーム知らなかったな〜Alex Randolphなのに!

 

 

 

 

 

では!